MakeshopのショップURLに独自ドメインを利用されており、
「Aレコード」から「CNAMEレコード」への設定変更が必要な場合の手順をご案内いたします。

 

 ※お名前.comにてMakeshopと共用サーバーSDを同じ会員IDにてご契約の場合は、 
 弊社にて調整済みのため、お客様での設定変更は不要です。

 

 

 


■共用サーバーSD/お名前メールのネームサーバーにてドメインを運用している場合

 

●www.ドメイン名(例:www.example.com)にて運用している場合

※お名前.comにてMakeshopと共用サーバーSDを同じ会員IDにてご契約の場合は、お客様での設定変更は不要です。

手順1 コントロールパネルにアクセスし、「アカウント名」と「パスワード」をご入力うえ、「ログイン」をクリックします
 ※コントロールパネルのログイン情報がご不明な場合はこちら

手順2 「サービス設定」の「独自ドメイン設定」をクリックします

手順3 「ドメイン名」の右側に表示される「DNS設定」をクリックします
 ※ショップURLが「www.example.com」の場合は「example.com」の「DNS設定」をクリック

手順4 「DNSレコード一覧」が表示されますので、下記レコードの右に表示される「変更」をクリックします

  ホスト名:www
  レコードタイプ:A

手順5 「標準の設定に戻す」を選択し、「確認画面へ進む」をクリックし、内容をご確認のうえ、「決定」をクリックします

手順6 「独自ドメイン設定トップへ戻る」をクリックします

手順7 手順3と同様に、「ドメイン名」の右側に表示される「DNS設定」をクリックします
 ※ショップURLが「www.example.com」の場合は「example.com」の「DNS設定」をクリック

手順8 「DNSレコード一覧」が表示されますので、下記レコードの右に表示される「変更」をクリックします

  ホスト名:www
  レコードタイプ:A

手順9 レコードタイプをCNAMEへ変更し、指定先にMakeshopから指定されたレコードをご入力のうえ、
「確認画面へ進む」をクリックし、内容をご確認のうえ、「決定」をクリックします

  ホスト名:www
  レコードタイプ:CNAME
  指定先:Makeshopよりご指定のCNAMEレコード

手順10 「独自ドメイン設定トップへ戻る」をクリックします

 

「ホストなし(wwwなし)」から「wwwあり」への転送をご希望の場合は、続けて「転送サーバーIP」の設定を行います。

手順1 「ドメイン名」の右側に表示される「DNS設定」をクリックします
 ※ショップURLが「www.example.com」の場合は「example.com」の「DNS設定」をクリック

手順2 「DNSレコード一覧」が表示されますので、下記レコードの右に表示される「変更」をクリックします

  ホスト名:(なし)
  レコードタイプ:A

手順3 「IPアドレス」にMakeshopから指定された「転送用IP」をご入力のうえ、
「確認画面へ進む」をクリックし、内容をご確認のうえ、「決定」をクリックします

  ホスト名:(なし)
  レコードタイプ:A
  IPアドレス:Makeshopよりご指定のいずれかのAレコード

  ※共用サーバーSDのサービス仕様上、Aレコードは1つのみ設定可能となりますため、
   Makeshopよりご指定のいずれかのAレコードをご設定ください。

 

以上で設定は完了です。

ページの先頭へ戻る

 

●www以外のサブドメイン名(例:shop.example.com)にて運用している場合

※お名前.comにてMakeshopと共用サーバーSDを同じ会員IDにてご契約の場合は、お客様での設定変更は不要です。

手順1 コントロールパネルにアクセスし、「アカウント名」と「パスワード」をご入力うえ、「ログイン」をクリックします
 ※コントロールパネルのログイン情報がご不明な場合はこちら

手順2 「サービス設定」の「独自ドメイン設定」をクリックします

手順3 「ショップURLとして利用しているホスト名(例:shop.example.com)」の右側に表示される「DNS設定」をクリックします

手順4 「DNSレコード一覧」が表示されますので、下記レコードの右に表示される「変更」をクリックします

  ホスト名:(なし)
  レコードタイプ:A

手順5 「標準の設定に戻す」を選択し、「確認画面へ進む」をクリックし、内容をご確認のうえ、「決定」をクリックします

手順6 「独自ドメイン設定トップへ戻る」をクリックします

手順7 手順3と同様に、「ショップURLとして利用しているホスト名(例:shop.example.com)」の右側に表示される「DNS設定」をクリックします

手順8 「DNSレコード一覧」が表示されますので、下記レコードの右に表示される「変更」をクリックします

  ホスト名:(なし)
  レコードタイプ:A

手順9 レコードタイプをCNAMEへ変更し、指定先にMakeshopから指定されたレコードをご入力のうえ、
「確認画面へ進む」をクリックし、内容をご確認のうえ、「決定」をクリックします

  ホスト名:(なし)
  レコードタイプ:CNAME
  指定先:Makeshopよりご指定のCNAMEレコード

 【ご注意】

 ショップURLに使用しているサブドメインにて、メールアドレス(例:~@shop.example.com)を運用している場合
 CNAMEレコードを登録することにより、MXレコードが削除され、当該サブドメイン(例:~@shop.example.com)
 でのメール運用ができなくなります
ので、ご注意ください。

 

以上で設定は完了です。

ページの先頭へ戻る


■レンタルサーバーRSのネームサーバーにてドメインを運用している場合

 

●www.ドメイン名(例:www.example.com)にて運用している場合

手順1 コントロールパネルにログインします
 ※コントロールパネルのログイン情報がご不明な場合はこちら

手順2 以下ガイドの手順にて、ショップURLのホスト名(例:www.example.com)に設定されている「Aレコード」を削除します

  タイプ:A
  ホスト名:ショップURLに使用しているホスト名(例:www.example.com)

  ▼レンタルサーバーご利用ガイド DNSレコードを削除する

※ホスト名なし(例:example.com)にAレコードが設定されている場合は、併せて当該Aレコードを削除します

 

手順3 以下ガイドの手順にて、下記値をご指定のうえ、「CNAMEレコード」を追加します

  タイプ:CNAME
  ホスト名:ショップURLに使用しているホスト名
    ※例「www.example.com」の場合は「www」と入力します
  値:Makeshopよりご指定のCNAMEレコード

  ▼レンタルサーバーご利用ガイド DNSレコードを追加する

 

「ホストなし(wwwなし)」から「wwwあり」への転送をご希望の場合は、続けて「転送サーバーIP」の設定を行います。

手順4 以下ガイドの手順にて、下記値をご指定のうえ、「Aレコード」を2つ追加します

  タイプ:A
  ホスト名:なし(空欄)
  値:Makeshopよりご指定のAレコード

  ▼レンタルサーバーご利用ガイド DNSレコードを追加する

 

以上で設定は完了です。

ページの先頭へ戻る

 

●www以外のサブドメイン名(例:shop.example.com)にて運用している場合

手順1 コントロールパネルにログインします
 ※コントロールパネルのログイン情報がご不明な場合はこちら

手順2 以下ガイドの手順にて、ショップURLのホスト名(例:shop.example.com)に設定されている
AレコードMXレコード、ならびに、TXTレコードを削除します

【ご注意】

 ショップURLに使用しているサブドメインにて、メールアドレス(例:~@shop.example.com)を運用している場合
 MXレコードを削除することにより、当該サブドメイン(例:~@shop.example.com)での
 メール運用ができなくなります
ので、ご注意ください。

 
  • タイプ:A
    ホスト名:ショップURLに使用しているホスト名(例:shop.example.com)
  • タイプ:MX
    ホスト名:ショップURLに使用しているホスト名(例:shop.example.com)
  • タイプ:TXT
    ホスト名:ショップURLに使用しているホスト名(例:shop.example.com)
  • タイプ:TXT
    ホスト名:default._domainkey.ショップURLに使用しているホスト名(例:default._domainkey.shop.example.com)


  ▼レンタルサーバーご利用ガイド DNSレコードを削除する

 

手順3 以下ガイドの手順にて、下記値をご指定のうえ、「CNAMEレコード」を追加します

  タイプ:CNAME
  ホスト名:ショップURLに使用しているホスト名
    ※例「shop.example.com」の場合は「shop」と入力します
  値:Makeshopよりご指定のCNAMEレコード

  ▼レンタルサーバーご利用ガイド DNSレコードを追加する

 

以上で設定は完了です。

ページの先頭へ戻る


■お名前.com提供ネームサーバーにてドメインを運用している場合

 

●www.ドメイン名(例:www.example.com)にて運用している場合

手順1 お名前.com Naviにログインします
 ※ログイン情報がご不明な場合はこちら

手順2 以下ガイドの手順にて、ショップURLのホスト名(例:www.example.com)に設定されている「Aレコード」を削除します

  タイプ:A
  ホスト名:ショップURLに使用しているホスト名(例:www.example.com)


  ▼お名前.com Naviガイド DNSレコード設定(編集・削除する)

 

手順3 以下ガイドの手順にて、下記値をご指定のうえ、「CNAMEレコード」を追加します

  タイプ:CNAME
  ホスト名:ショップURLに使用しているホスト名
    ※例「www.example.com」の場合は「www」と入力します
  値:Makeshopよりご指定のCNAMEレコード


  ▼お名前.com Naviガイド DNSレコード設定(新規作成)

 

「ホストなし(wwwなし)」から「wwwあり」への転送をご希望の場合は、続けて「転送サーバーIP」の設定を行います。

手順4 以下ガイドの手順にて、下記値をご指定のうえ、「Aレコード」を2つ追加します

  タイプ:A
  ホスト名:なし(空欄)
  値:Makeshopよりご指定のAレコード


  ▼お名前.com Naviガイド DNSレコード設定(新規作成)

 

以上で設定は完了です。

ページの先頭へ戻る

 

●www以外のサブドメイン名(例:shop.example.com)にて運用している場合

手順1 お名前.com Naviにログインします
 ※ログイン情報がご不明な場合はこちら

手順2 以下ガイドの手順にて、ショップURLのホスト名(例:shop.example.com)に設定されているAレコードを削除します

  タイプ:A
  ホスト名:ショップURLに使用しているホスト名(例:shop.example.com)


  ▼お名前.com Naviガイド DNSレコード設定(編集・削除する)


ショップURLに使用しているサブドメインにて、メールアドレス(例:~@shop.example.com)を運用している場合は、
  併せて同ホスト名のMXレコードTXTレコードを削除します

【ご注意】

 ショップURLに使用しているサブドメインにて、メールアドレス(例:~@shop.example.com)を運用している場合
 MXレコードを削除することにより、当該サブドメイン(例:~@shop.example.com)での
 メール運用ができなくなります
ので、ご注意ください。

 

手順3 以下ガイドの手順にて、下記値をご指定のうえ、「CNAMEレコード」を追加します

  タイプ:CNAME
  ホスト名:ショップURLに使用しているホスト名
    ※例「shop.example.com」の場合は「shop」と入力します
  値:Makeshopよりご指定のCNAMEレコード


  ▼お名前.com Naviガイド DNSレコード設定(新規作成)

 

以上で設定は完了です。

ページの先頭へ戻る

 


関連動画

■レンタルサーバーRSでのDNSレコード設定手順動画

■お名前.com提供ネームサーバーでのDNSレコード設定手順動画