「バーチャルURL」を利用することで、警告の表示を抑えることができます。
ただし、バーチャルURLを利用するとURL表記が変わりますのでご注意ください。
また、CGIやPHPの動作を保障するものではございません。(弊社提供の簡易CGIは未対応)

例)https://v.rentalserver.jp/ドメイン名/contact.html

※URLはお客様のご利用環境ごとに異なります。 コントロールパネル にてご確認ください。
※相対パスにて指定されたWebや画像ファイルは、バーチャルURLでは表示できません。
※バーチャルURLについては こちら


独自SSLをご利用いただければ、警告表示もされず、サイト証明シールの掲載もできるため
高い信頼性をホームページに与えることが可能です。ぜひご検討ください。
※独自SSLの詳細については こちら

例)https://www.ドメイン名/contact.html

10万枚以上の電子証明書発行実績を誇る「GMOグローバルサイン株式会社」の独自SSL認証を
ぜひご利用ください。