【共用サーバーGS】メール送信サーバーは提供していますか?

提供しております。

 

セキュリティ強化のため、「SMTP Auth」と「SMTP over SSL」の方式を
採用しておりますので、以下を参考に設定してください。

 

【SMTP Auth で設定する場合】
ポート番号:587

【SMTP overSSLで設定する場合】
ポート番号:465
※ 「このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要」にチェックを入れてください。

 

※ご注意 上記「smtp.[ドメイン名]」にて送信をする場合、メールソフトから以下の
 ような警告メッセージが表示されますが、 この警告は、弊社で取得している証
 明書のドメイン名とお客様ドメイン名が異なる為に表示されるものであり、問題
 ございません。 「はい」をクリックすると、データは正常に暗号化された状態で
 送信されます。

 

※警告メッセージの例
【Windows版 Outlook Express/Microsoft Outlookの場合】
タイトル: インターネット セキュリティの警告
メッセージ: 接続しているサーバーは、確認できないセキュリティ証明書を使用しています。
証明書チェーンは処理されましたが、信頼プロバイダが信頼していないルート証明書で強制
終了しました。 このサーバーを使用し続けますか? なお、警告メッセージは、メールソフトを
起動したままの場合、初回送信時にのみ表示されますが、 パソコンやメールソフトを再起動
した場合は、再度表示されます。 また、大量メール送信は相手先のサーバーに迷惑メール
とみなされる場合があります。 特に携帯電話宛てに送信する場合、相手先のメールアドレス
が変更になって、存在しない状態であったり、 携帯端末で受け取りを許可されていない場合
などで、多くのリターンメールが発生しますと、 相手先から弊社ネットワークの全てが迷惑
メール送信元とみなされる場合があります。 このようなケースでは、他の多くのお客様方に
ご迷惑をおかけする結果となりますので、十分ご注意ください。