キーワード検索

【ドメイン】セカンダリDNS(Master)設定とは?メリットや注意点は?

●セカンダリDNS(Master)設定とは
当社レンタルDNSの設定情報をMasterとして、セカンダリを別の業者のネームサーバー(転送先はユーザー任意で指定)にゾーン転送することができる機能です。

●費用
事前にDNS追加オプションの申し込みが必要なため、1ドメインにつき100円/月(税抜)かかります。
DNS追加オプションについてはこちらをご確認ください。

●設定方法
詳細な手続き方法はこちらをご参照ください。

●メリット
・IPのなりすまし対策としてTSIG(Transaction Signature)を設定し署名を行うことで、セキュリティ対策が可能
・負荷分散を最大5つまでの拠点で行えます

●注意点
※ゾーン転送する場合は、転送先のネームサーバー情報をNSレコードとドメインのネームサーバーに両方設定しなければ、正しく名前解決が出来ません。そのため、Master機能では、オリジンのNSレコードは変更可とし、申し込みと同時のネームサーバーの同時変更は提供しません。

ネームサーバー/NSレコード設定例:
dns01.****.com
dns02.****.com

※ゾーン転送先のネームサーバーにはセカンダリDNS(Master)のIPアドレス「157.7.180.52」を設定する必要があります。

named.confの設定例(example.comの場合)
------------------------------------------------------------------

zone "example.com" IN {
                          type slave;
                          file "example.com";
                          masters {
                                    157.7.180.52; ←セカンダリDNS(Master)のIPアドレスを指定する                        
                                     };                   
};
------------------------------------------------------------------             

※30日間ゾーン転送に失敗し続けた場合、設定を削除させていただきますのでご注意ください。

問題は解決しましたか?

はい いいえ

ご回答ありがとうございます。

ご協力ありがとうございます。
※内容を入力してください