エラーメールの内容について

共用サーバーSDで作成したメールアドレスからGmailへ送信後に、下記内容のエラーメールが返送された際は
送信元メールアドレスのドメインに設定されているTXTレコード(SPFレコード)の記述内容に問題がある可能性ございます。
 

This is the mail system at host smtp**.gmoserver.jp.

I'm sorry to have to inform you that your message could not be delivered to
one or more recipients. It's attached below.

For further assistance, please send mail to postmaster.

If you do so, please include this problem report. You can delete your own
text from the attached returned message.

 The mail system

<****@gmail.com>: host gmail-smtp-in.l.google.com[142.250.157.27]
said:
 550-5.7.26 This message does not have authentication information or
fails
 to 550-5.7.26 pass authentication checks. To best protect our users from
 spam, the 550-5.7.26 message has been blocked. Please visit 550-5.7.26
 https://support.google.com/mail/answer/81126#authentication for more 550
 5.7.26 information.
***************************************************** -
 gsmtp (in reply to end of DATA command)


上記エラーメールを受信された際は、弊社共用サーバーのSPFレコードをご設定のうえ
改善がみられるか、ご確認ください。

 


SPFレコードについて

共用サーバーSDのネームサーバーにつきましては、下記SPFレコードをデフォルトで設定しております。

■共用サーバーSDのネームサーバー
dns01.gmoserver.jp
dns02.gmoserver.jp

■デフォルト設定されているSPFレコード
v=spf1 include:spf**.gmoserver.jp ~all
※「**」には数字が入力されています。
※コントロールパネルから確認することはできません。

お客様にてSPFレコードを編集いただいた際などに、上記SPFレコードが削除されてしまう可能性がございます。

 


SPFレコードの記述方法について

ネームサーバーのレコード情報を編集され、上記のSPFレコードを確認できなかった場合は、
以下のSPFレコードを追加いただきますようお願いいたします。

v=spf1 include:spf**.gmoserver.jp ~all

※「**」には数字をご入力ください。
※数字はエラーメール1行目に記載の「smtp**.gmoserver.jp.」と同じ数字をご入力ください。


DNSレコードの編集方法につきましては、以下のガイドをご確認ください。

 ▼ 共用サーバーSD活用ガイド DNSレコード編集手順

なお、その他SPFレコードを複数行設定している場合には、SPFレコードが正常に認識されない場合がございます。
まことに恐れ入りますが、SPFレコードを1行にまとめて記述する方法につきましては、弊社サポート対象外となりますため、
Web検索などで記述方法をお確かめのうえ、設定いただきますようお願いいたします。

 


その他

メール送信先へ、ドメインを指定してメールを受信いただけるよう
お伝えいただくことで改善する可能性もございます。

メール指定の受信方法に関するGmailのヘルプページを参考にしていただけますと幸いです。

■Gmailヘルプ
Gmail ユーザーへのメールがブロックまたは迷惑メール扱いされないようにする
https://support.google.com/mail/answer/81126#authentication