キーワード検索

【ドメイン】セカンダリDNS(Slave)の設定方法や設定に関する注意点は?

●セカンダリDNS(Slave)とは
セカンダリDNSは、お客様が運用するプライマリネームサーバーの情報(ゾーン情報)との整合性を保つセカンダリネームサーバーを提供するサービスです。
お名前.comでは負荷分散や障害対策のために通常は2台以上のネームサーバー(DNSサーバー)を必須としています。ネームサーバーをひとつしかお持ちでない場合は、セカンダリDNS(Slave)をご活用ください。

●費用
無料です。

●メリット
・ネームサーバーを1つしかお持ちではない場合もセカンダリDNS(Slave)の利用で負荷分散対策が行えます。

●設定方法
こちらでもご確認いただけます。
  1. プライマリネームサーバーに「163.44.76.202」のゾーン転送許可を行ってください。

    ■BIND 9 の場合----------------------------------------------
    zone "example.com" IN {
      type master;
      file "example.com";
      allow-transfer {
        // セカンダリDNSからのゾーン転送を許可する
        163.44.76.202;
      };
     also-notify {
        // zoneを更新したら通知する
        163.44.76.202;
      };
    };
    ------------------------------------------------------------

    ■NSD 3, 4の場合--------------------------------------------
    zone:
      name: example.com
      zonefile: example.com
      // セカンダリDNSからのゾーン転送を許可する
      provide-xfr: 163.44.76.202 NOKEY
      // zoneを更新したら通知する
      notify: 163.44.76.202 NOKEY
    ------------------------------------------------------------ 
  2. 管理画面 の情報変更欄「セカンダリDNS」よりプライマリDNSサーバーのIPアドレスを入力してお申込みください。
  3. セカンダリDNS(ゾーン転送)を利用するドメインは以下のネームサーバーを設定してください。

       プライマリネームサーバー: 現在ご利用中のプライマリネームサーバー
       セカンダリネームサーバー: 2nd.dnsv.jp

●注意点

※ドメインのネームサーバーには必ず「2nd.dnsv.jp」を設定いただきご利用ください。
上記設定以外での動作はサポートいたしかねますので、あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。
※プライマリネームサーバーのNSレコードにも「2nd.dnsv.jp」を指定することを推奨します。
※ファイアウォールの内側に現在ご利用中のDNSサーバーがある場合、ゾーン転送を受け付けるために
 TCP/UDPの53番ポートを開放する必要があります。
※設定後はプライマリネームサーバーのゾーン情報がリフレッシュされるまでお待ちください。
 (SOAレコードのREFRESH値)
※恐れ入りますが、当項目でご案内させていただいておりますDNSサーバー自体の具体的な設定方法などに
 つきましては、サポート範囲外となっておりますのであらかじめご了承ください。
※ドメイン廃止後、セカンダリDNS設定も削除されます。
※プライマリDNSとセカンダリDNSの通信が1日できない場合、セカンダリDNSは停止します。
※プライマリDNSとセカンダリDNSの通信が30日間できない場合、セカンダリDNSは削除されます。

問題は解決しましたか?

はい いいえ

ご回答ありがとうございます。

ご協力ありがとうございます。
※内容を入力してください