キーワード検索

【ドメイン】各レコードの意味を教えてください。


各レコードの意味は以下ご参照ください

レコードTYPE意味備考
AレコードA(Address)レコードは、IPv4でホスト名とIPアドレスの関連づけを定義するレコードです。「www」などのホスト名を入力し、VALUEにグローバルIPアドレスを入力することによって、ご利用いただくサーバーへの名前解決が行われます。MXレコード、CNAMEレコード、NSレコードを設定するには、あらかじめ各レコードのVALUEに入力するホスト(FQDN)をAレコードとして設定されていることが必要です。
AAAAレコードAAAAレコードは、IPv6でホスト名とIPアドレスの関連づけを定義するレコードです。-
CNAMEレコードCNAMEレコードは正規ホスト名に対する別名を定義するレコードです。
特定のホスト名を別のドメイン名に転送する時などに利用します。
※正規ホスト名はAレコードが登録されている必要があります。
※特定のファイルやサブディレクトリを指定する事はできません。
※ホスト名なしのCNAMEレコードは登録することができません。
例)ドメイン名:abc.comの場合
【設定可能】
ホスト名:www
VALUE:www.onamae.com と入力
⇒http://www.abc.com/にアクセスするとhttp://www.onamae.com/に転送されます。

【設定不可】
ホスト名:空白
VALUE:www.onamae.com と入力
⇒http://abc.com/にアクセスしhttp://www.onamae.com/に転送される設定はできません。
※ホスト名を空白にて設定したい場合、IPアドレスをご確認のうえ、Aレコード設定をご利用ください。
MXレコードMXレコードは、対象ドメイン宛のメールの配送先(メールサーバ)のホスト名を定義するレコードです。

※ VALUEには、あらかじめAレコード設定を行ったホスト(FQDN)を入力してください。
※VALUEに入力するホスト(FQDN)が他社管理の場合、他社様にて該当ホスト(FQDN)のAレコード設定が必要です。
※VALUEには、ワイルドカードを使ったホスト(FQDN)の入力はできません。
※優先値はメール配送先の優先度を設定します。(値が小さいほど優先度は高くなります。)
詳細についてはこちらをご参照ください。
-
NSレコードNSレコードとは、ゾーン情報を管理するネームサーバーのサーバー名を定義するレコードです。
※NSレコードのホスト名はAレコードが登録されている必要があります。
※お名前.com提供のレンタルDNSを利用する場合、以下制約があります
・サブドメインのNSレコードのVALUEに01.dnsv.jp,02.dnsv.jp,03.dnsv.jp,04.dnsv.jpを設定することはできません。
・ホスト名が空白のNSレコードは登録できません。自動的にVALUE:01.dnsv.jp,02.dnsv.jp,03.dnsv.jp,04.dnsv.jpが設定されます。

例)
ドメイン名:abc.com
VALUE:dns1.onamae-example.com

ホスト名:subdomain
VALUE:dns1.onamae-example.comと設定すると、subdomain.abc.comで名前解決しようとした場合、dns1.onamae-example.comのネームサーバーを参照するようになります。
※subdomain.abc.comのレコード設定をdns1.onamae-example.com側で設定しておく必要があります。

TXT(SPF)レコードTXTレコードは、ホスト名に関連付けるテキスト情報(文字列)を定義するレコードです。
送信ドメイン認証の認証情報などを記述します。

お名前.comのレンタルDNSではSPFレコードの設定をTXTレコードとして設定できます。

実際に入力する内容は、ご利用されるサーバー毎に異なるため、詳細についてはサーバー管理者様にご確認ください。

SRVレコードSRVレコードは、負荷分散サービスの提供/冗長性の確保/サービスポート番号の通知を可能にするレコードです。・サービス名:対象とするサービス(_httpや_ftpなど)
・プロトコル:対象とするプロトコル (_tcpなど)
・PRIORITY:同一サービスに対して複数のサーバーが指定されている場合、値が小さい方を優先します。0~65535が指定可能です。同じPRIORITYが指定されている場合は、WEIGHTフィールド値が参照されます。
・WEIGHT:PRIORITYが同じものの中で負荷分散する場合の割合。同一サービスに対して複数のサーバが指定されており、それぞれのPRIORITYフィールドに同じ値が指定されている場合は、WEIGHT値で負荷分散を実現します。0~65535が指定でき、0の場合は負荷分散を行いません。
・PORT:サービスのポート番号。0~65535が指定可能です。


※DNSレコード設定はネームサーバー提供元で行う手続きとなります。
既に運用中のWEBサーバーやメールサーバーをお持ちの場合は、あらかじめ利用中のサーバーが外部DNSの利用を許可しているかご確認ください。

DNSレコードを設定したい場合、ネームサーバー情報をご確認いただき、現在の情報に合わせて以下対応をお願いいたします。

 ネームサーバー情報DNSレコード設定方法
101.dnsv.jp
02.dnsv.jp
03.dnsv.jp
04.dnsv.jp
以下ご参照のうえ、管理画面より設定可能です。
http://www.onamae.com/guide/details.php?g=18
2dns01.gmoserver.jp
dns02.gmoserver.jp
・共用サーバーSD利用の場合:
http://guide.onamae-server.com/sd/4_16_20_98/
・お名前メール利用の場合:
http://guide.onamae-server.com/om/details.php?g=5
3上記以外まずはネームサーバー提供元にDNSレコードの設定方法をお問い合わせください。
1、2の方法で設定してしまうと、運用中のホームページやメールアドレスが利用できなくなる可能性がございます。
※ドメイン新規取得直後の場合は、WEBサーバー/メールサーバー提供元にDNS情報をご確認くださいませ。