受信メールサーバー名および送信メールサーバー名に「pop.ドメイン名」「smtp.ドメイン名」を
入力されている場合に、接続先サーバーの証明書に関するセキュリティ警告が表示される場合があります。

※この警告は、接続先のサーバー名と接続先サーバーの証明書に記載のドメイン名が
 相違していることによる警告です。


メールソフトにより警告画面は異なりますが、「続ける」や「接続」、「セキュリティ例外を承認」等を
ご選択いただくことにより、警告が解消されメール送受信が可能となります。

 

■例 Outlook の場合

ユーザが追加した画像

■例 ThunderBird の場合


ユーザが追加した画像
※「次回以降にもこの例外を有効にする」にチェックをいれてください

 

●受信メールサーバー名、送信メールサーバー名の変更

警告画面上で「続ける」や「接続」、「セキュリティ例外を承認」等のボタンが見当たらない場合は、
対象メールアドレスの設定にて、受信メールサーバー名および送信メールサーバー名を
弊社コントロールパネルの【サーバー情報】に記載のサーバー名へご変更ください。


※サーバー名の確認方法は下記をご参照ください。
 ▼ 共用サーバーSD 活用ガイド サーバー情報の概要
 ▼ お名前メール 活用ガイド サーバー情報の概要

 

受信メールサーバー

コントロールパネルの【サーバー情報】に記載のPOPサーバー名

 例 : pop**.gmoserver.jp

※記載のPOPサーバー名はサーバー契約毎に異なりますのでご注意ください。

送信メールサーバー

コントロールパネルの【サーバー情報】に記載のSMTPサーバー名

 例 : smtp**.gmoserver.jp

※記載のSMTPサーバー名はサーバー契約毎に異なりますのでご注意ください。

※メールサーバー名を変更後にも警告が継続する場合、メールソフトの再起動もお試しください。
※再度パスワードの入力を求められましたら、コントロールパネルよりご確認いただけるパスワードを再入力ください。
 パスワードは、コントロールパネルの【メール設定】>【メールアカウント】よりご確認いただけます。

 

・ご利用メールソフト上での設定変更手順につきましては、下記をご参照ください。

 ▼ 【共用サーバーSD】メールの設定方法を教えてください
 ▼ 【お名前メール】メールの設定方法を教えてください

 

メールサーバー名を変更し、メールソフトの再起動でも解決しない場合は、
メールソフトより対象メールアカウントを削除し、再登録をご検討ください。

※メールソフトの仕様によっては、メールアカウントの削除の際にこれまで受信していた
 メールデータが削除となる場合がございますので、あらかじめご注意ください。