【併用する場合の一例】
 ・レンタルサーバー RSプランのメールサーバーを利用しながら、他社サーバーのWebサーバーを利用する
 ・レンタルサーバー RSプランのWebサーバーを利用しながら、他社サーバーのメールサーバーを利用する
 ・ドメインとサブドメインを異なるサーバーで利用する

ご利用ドメインのDNSレコードを設定することで、レンタルサーバー RSプランと、他社サーバーを併用することが可能です。
ドメインのネームサーバー情報の設定により、DNSレコードの設定方法も異なるため、各手順をご確認ください。


※Google Workspace(旧G Suite)等の外部アプリより指定されたCNAME、TXT(SPF)レコードを追加したい 等
 の場合は、下記も併せてご確認ください。
 ▼ 【レンタルサーバー RSプラン】 DNSレコードを追加/編集したい

 


■「レンタルサーバー RSプラン」のネームサーバー情報を利用する場合

レンタルサーバー RSプランのネームサーバー情報をご利用の場合、DNSレコードの設定は「コントロールパネル」より行います。
以下の手順でDNSレコードの設定を行ってください。
こちらでは、動画にて設定手順をご案内しております。

 

手順1 レンタルサーバー RSプランのコントロールパネルにログインし、左メニューから「ドメイン」をクリックします
  ※コントロールパネルへのログイン方法がご不明な場合はこちら

ドメインメニュー

手順2 ドメイン一覧から他社サーバーとの併用を希望するドメインをご確認いただき、右側「DNS」をクリックします

DNSをクリック

手順3 現在設定されているDNSレコードが一覧で表示されますので、他社サーバーの提供もとから提示されたDNSレコード情報に
  合わせて、設定を変更/追加します

  ※「タイプ」「ホスト名」「値」など、設定が必要な各種情報はご利用の他社サーバーサービスの提供内容によって異なります。
  設定内容はご利用のサーバー提供元にご確認ください。

DNSレコード

 【ご注意】
 RSプランのWebサーバーをご利用いただきながら、他社サービスのメールサーバーを利用される場合は、
 コントロールパネルにて「他社メールサービスを利用する」機能を有効にしていただく必要がございます。

 設定方法につきましては以下のガイドページをご参照ください。

 【レンタルサーバー ご利用ガイド】他社のメールサービスを利用する
 

 

●DNSレコードの設定方法について、分かりやすく動画でもご案内しております。

 


■「他社サーバー」のネームサーバー情報を利用する場合

他社サーバーのネームサーバー情報をご利用の場合、DNSレコードの設定は他社サーバーの管理画面等から行います。

以下の手順でレンタルサーバー RSプランのDNSレコード情報をお確かめのうえ、ご利用のサーバーサービス提供元へ
DNSレコード情報の設定手順を確認してください。

 

手順1 レンタルサーバー RSプランのコントロールパネルにログインし、左メニューから「サーバー」をクリックします

サーバーメニュー

手順2 「DNSレコード」欄に記載の情報が、ご利用のレンタルサーバー RSプランのDNSレコード情報です

DNSレコード

手順3 各種レコード情報をお確かめのうえ、ご利用の他社ネームサーバー情報内にご設定ください