【WordPressについて】

 
 【注意事項】
  WordPressインストール後の運用、設定等につきましては弊社でのサポート対象外となります。
 

 


■WordPress新規インストール

新規にWordpressをインストールする場合、FTPサーバー経由にて手動での設置もできますが
SDプランでは、コントロールパネルからかんたんにインストールすることができます。
 

●インストール前のご準備

  • 事前にインストール先ドメインのネームサーバーを以下指定ネームサーバーに変更してください。

    【共用サーバーSDプラン用ネームサーバー】
     プライマリ:dns01.gmoserver.jp
     セカンダリ:dns02.gmoserver.jp

     ※ネームサーバーの設定方法はこちらよりご確認ください。
 
  • アクセス制限を設定されている場合は、事前に解除してください。
     ※コントロールパネルでのアクセス制限設定解除や.htaccessを編集してください。
 
  • ご利用ドメインのPHPバージョンを、PHP7.4以上に設定してください。
     ※PHPのバージョンの変更方法はこちらよりご確認ください。

 

●新規インストール方法

詳細なインストール手順は、以下のガイドをご確認ください。

▼共用サーバーSD 活用ガイド
 WordPressインストール

 【注意事項】
・本機能にてインストールされるWordPressについては弊社「バックアップ」機能の対象外となります。
 「バックアップ」機能による該当WordPressデータは常に最新の更新内容となります。

・「インストールURL(ブログURL)で指定されたディレクトリ配下に、ホームページコンテンツが保存されていると
 当該コンテンツが削除される場合があります。

・「データベース」で指定したデータベースに既にデータが保存されていると、上書きされる場合があります。

 

※インストール時にエラーが発生する場合は
 再度【●インストール前のご準備】に記載しております内容をご確認ください。

ページの先頭へ戻る

 


■WordPressサイトの表示ができない(エラーが発生する)

●指定ネームサーバーが設定されていない

WordPressサイトURLや管理画面(ダッシュボード)へアクセスされても正常に表示が行えない場合は
ご利用ドメインにて、以下共用サーバーSDプラン用のネームサーバーを設定されているかをご確認ください。

【共用サーバーSDプラン用ネームサーバー】

プライマリdns01.gmoserver.jp
セカンダリdns02.gmoserver.jp

※ネームサーバー情報を変更された場合、反映までに24時間から最大72時間程度、お時間を要する場合があります。
 ネームサーバーご変更直後の場合は、しばらくお待ちいただき再度表示をお試しください。

お名前.comで取得されたドメインの場合、ネームサーバー情報の変更や、設定済みネームサーバー情報の確認は
お名前.com Naviよりお手配いただけます。詳細な手順は以下をご確認ください。
   
▼お名前.com Naviガイド
 ネームサーバーの変更
 ネームサーバー情報確認方法


また、他社サーバーと併用(※)されている場合は、こちら も併せてご参照ください。
※SDプランにてWebサーバーを運用し、他社サーバーにてメールを運用する

 

●PHPバージョンの影響

WordPressをインストールされたドメインにて、旧バージョンのPHPを設定されている場合
WordPressの動作要件を満たすことができず、表示エラーが発生する可能性があります。
※現在提供中のWordPressでは、動作要件が「PHP 7.4以上」推奨とされております。
※旧バージョンについては、PHP開発元でのサポートが終了しており、コントロールパネル内においても、新規ではご選択できかねます。

また、ご運用中にPHPバージョンを変更されたことにより、WordPressサイトが正常に表示できなくなる可能性があります。

【エラー表示例】
・Your server is running PHP version 5.5.38 but WordPress 5.3.1 requires at least 5.6.20.
・お使いのサーバーの PHP では WordPress に必要な MySQL 拡張を利用できないようです。
・Internal Server Error(HTTP 500エラー)、「500 Internal Server Error」 (内部サーバエラー)


PHPバージョン変更は、コントロールパネルにてドメイン毎にご設定いただけます。
PHPバージョンの詳細やご変更手順については、以下のページをご確認ください。

 【共用サーバーSD】PHP は利用できますか?


なお、PHPバージョンご変更後は、下記手順にてWordPressの再インストールを行ってください。
(インストール済みWordPressの削除 → FTPサーバー上の関連データ削除 → 新規インストール)

【WordPress再インストール手順】

(1)コントロールパネルに管理者アカウントでログインします。
 ※コントロールパネルのログイン情報がご不明な場合はこちらよりご確認ください。

(2)「Web設定」の「WordPressインストール」をクリックします。

(3)インストール済みアプリケーションの一覧が表示されますので
   削除をご希望のインストールURL右横の「削除」をクリックします。
  ※削除前に、ご利用データベース情報をお控えください。

(4)「アプリケーションをアンインストールします」にチェックを入れ、 「決定」をクリックします。

(5)「ホーム」に戻り、「データベース設定」の「MySQL」をクリックします。

(6)上記にて削除されたWordPressで利用していたデータベースを削除します。

(7)FTPサーバーへ接続し、「該当ドメイン名」ディレクトリ内のWordPress関連データをすべて削除します。
  ※同ディレクトリ内にお客様にて設置された .htaccessがある場合、インストール完了まで一時無効化(リネーム)ください。

(8)こちらの手順にて、新規インストールを行ってください。

 

●その他

◆以下ページ内にてご案内しております対処方法にて改善する場合もありますので、併せてご確認ください。

 【共用サーバーSD】WordPress管理画面(ダッシュボード)にログインできない

 

◆【エラー表示例】
 ・「401 Unthorization Required」(401エラー)
 ・「403 Forbidden」(403エラー)
 ・「404 Not found」(404エラー)
 ・「Internal Server Error(HTTP 500エラー)」、「500 Internal Server Error」 (内部サーバエラー)
 ・「503 Service Temporarily Unavailable」(503エラー)

 以下ページをご確認いただき、パーミッション、.htaccessやWEBファイルの記述修正などを行ってください。
 【共用サーバーSD】ホームページが表示されません

 

◆【エラー表示例】
 ・データベース接続確立エラー(Error Establishing a Database Connection)

 WordPress設定ファイル(wp-config.php)の設定不備(ログイン情報に誤りがある等)や
 データベースに不具合や破損がある等の原因により、サーバーとデータベースの通信が
 正常に行えない場合に発生するエラーです。

 WordPressインストール後の運用、設定等につきましては弊社でのサポート対象外となりますため
 詳細や対処方法については、Web検索等によりご確認ください。

ページの先頭へ戻る