URLには自動生成された文字列が利用され、こちらを独自ドメイン等
任意の文字列に変更することはできかねます。

【URL例】 
https://******.sharepoint.com/...

※「******」の部分にお客様ごと異なる文字列が割り当てられます。